Just another WordPress site

太陽光発電と蓄電池を組み合わせて得られるメリット・デメリット

ご家庭の中には、太陽光発電と蓄電池を組み合わせて導入したいと思われている方もいるでしょう。実際に、組み合わせて導入することでさまざまなメリットを獲得することができます。そこで、今回は太陽光発電と蓄電池を組み合わせて獲得できるメリットとデメリットについて解説しますので、興味のある方はぜひチェックしてください。

太陽光発電と蓄電池を組み合わせて獲得できる3つのメリット

太陽光発電と蓄電池を組み合わせるメリットは、大まかにわけて3つあります。

非常用電源として活用できる

1つ目は、非常用電源としての利用できることです。蓄電池があることで、太陽光発電で発電した電力を貯めておくことができます。太陽光発電だけを導入している住宅では、雨や曇の日、非常用電源として使用することができません。しかし、組み合わせることで天候に関係なく非常用電源として活用できるため便利です。

電気代の節約が可能

その他のメリットとして、電気代の節約を挙げることができます。両者を組み合わせることで、夜間は蓄電池で貯めた電気を使用し、日中は太陽光発電で発電した電力を使用することが可能です。ほとんどの電力をご家庭の発電でまかない、電力会社に頼らないようにすることができます。そのため、大幅な節約を見込むことができるでしょう。

自家消費に活用できる

3つ目のメリットは、自家消費に活用できることです。固定価格買取制度が終了した後、自家消費できるため、電気代がとても安くなります。このように自家消費として有効活用できることも大きなメリットになるでしょう。

組み合わせることで起こる2つのデメリット

両者を組み合わせることで起こるデメリットも存在します。具体的には下記の2点です。

耐用年数に差がある

耐用年数に差があることがデメリットとして挙げられます。太陽光発電の耐用年数は30年であるのに対して、蓄電池は20年程度です。蓄電池のほうが耐用年数が短いため、早めに部品を交換したり、買い替えをしたりする必要があります。

設備投資が高額になる

2つ目のデメリットは、設備投資が高額になる点です。組み合わせて購入するとそれぞれの設備費用と工賃が必要になるため、片方だけを導入するときよりも費用がかかります。そのため、購入する際は計画的にローンや予算を組む必要があるでしょう。

太陽光発電と蓄電池を組み合わせて購入するなら和上ホールディングスにおまかせください!

できるだけ費用を抑えて太陽光発電と蓄電池を購入したいという方は、和上ホールディングスにおまかせください。和上ホールディングスでは、補助金制度の紹介など予算内で導入できるようにお客様をサポートしています。興味のある方は和上ホールディングスのホームページからぜひお問い合わせください!