Just another WordPress site

寿命が伸びる!?太陽光発電にかかるメンテナンス費用とセルフメンテナンス

太陽光発電は、高性能な設備なので故障等のトラブルは少ないです。また、寿命が比較的長いため、買い替えの機会は多くありません。しかし、日頃からセルフメンテナンスを行ったり、専門業者の点検を定期的に利用したりすることで、大きなトラブルを回避することができます。そこで、今回は太陽光発電のメンテナンスにかかる費用とセルフチェックについて解説しますので、ぜひ参考にしてください。

太陽光発電のメンテナンス費用について

太陽光発電のメンテナンスにかかる費用は、大きくわけて2つあります。

設備の定期点検にかかる費用

1つ目は、定期点検費用です。住宅用の場合、4年に1度の点検が推奨されています。1回の点検にかかる費用は、1〜2万円程度です。

しかし、業者の中には無料点検を実施しているところもあります。そのため、そのような業者から購入すると無料期間内であれば、無償で受けることができるでしょう。

トラブル発生時の修理及び部品交換にかかる費用

2つ目は、トラブル時にかかる修理費用・部品交換代です。頻繁にトラブルが発生する部分はパワーコンディショナーになります。簡単な修理の場合は2〜3万円以内で済むケースもありますが、部品交換の場合は30万円以上かかることも少なくありません。

しかし、メーカー保証範囲内の修理・部品交換であれば、無償で対応してもらうことができます。そのため、故障した場合は購入した業者に相談するのがおすすめです。

自分でできる!セルフメンテナンス

自分でできるセルフメンテナンスは2つあります。

パワーコンディショナーをチェック

パワーコンディショナーを日頃からセルフ点検するようにしましょう。本体の汚れやフィルターのつまりなどを確認して、可能な場合は汚れを取り除きます。破損などがあるときは業者に問い合わせをするのがおすすめです。

モニターチェック

2つ目はモニターチェックが挙げられます。普段からモニターをチェックすることで、異常にいち早く気づくことが可能です。発電量が急激に低下したなど、トラブルが発生したときは、すぐに専門業者のサポートを受けてください。

太陽光発電の購入は和上ホールディングスにおまかせ!

太陽光発電の購入を検討している人や交換を考えている人は、和上ホールディングスにおまかせください。和上ホールディングスは、太陽光発電や蓄電池などの販売を行っている専門業者です。お客様の要望を細かく汲み取り、適切な提案を致します。興味のある方は、ホームページからぜひお問い合わせください。