Just another WordPress site

購入者必見!蓄電池設置の目的や種類について詳しく解説

蓄電池を設置する目的はさまざまです。また、蓄電池と一言で言っても種類が複数あり、それぞれのタイプで設置スペースの広さや特徴が異なります。これから購入を検討している人の中には、設置目的や種類を知った上で商品選びをしたいと思われている方もいるのではないでしょうか。そこで、今回は蓄電池の設置目的や4つの種類について詳しく解説します。

蓄電池設置の主な目的

蓄電池を設置する主な目的は下記の2つです。

停電対策

導入される目的として挙げられるのが、停電対策です。ご家庭の場合、長時間停電したとしても大きな損害が発生することはありません。しかし、企業や病院では停電するとサービスの一時停止を余儀なくさせられたり、患者さんに適切な医療を提供できなくなったりします。そのため、事業継続計画対策として導入しているところも多いです。

電気代の節約

そのほかの目的としては、電気代の節約が挙げられます。ご家庭で蓄電池を設置する場合、節約を目的とする方が多いです。太陽光発電と組み合わせて使用するとさらに節電効果を期待することができます。

蓄電池には4つの種類がある

蓄電池の種類は大まかにわけて下記の4つです。

ハイブリッド型

太陽光発電と蓄電システムのパワーコンディショナーがまとめられた蓄電池です。一体型なので狭いスペースにも設置することができます。また、発電した電力を直接蓄電池に流すことができるので、変換ロスが少ないという点も大きな特徴になるでしょう。

トライブリッド型

トライブリッド型は、太陽光発電と蓄電システム、EV用のパワーコンディショナーが一体になったタイプです。電気自動車を利用しているご家庭におすすめできる種類と言えるでしょう。

スタンドアローン型

スタンドアローン型は、事業継続計画対策で用いられるタイプです。別名、非系統連系と言われることがあります。小型なので設置スペースを取らず、省スペース化を実現できるでしょう。

単機能型

単機能型は、もっとも出荷量が多いタイプです。太陽光発電から独立しており、単体で使用することもできます。設置するためには、ある程度のスペースが必要です。また、変換ロスが発生しやすいこともデメリットとして挙げられます。

蓄電池の購入を希望される方は和上ホールディングスにお問い合わせください!

今回は、蓄電池の目的や種類について解説しました。購入を検討しており、もっと詳しく蓄電池について知りたいという方は、和上ホールディングスにご相談ください!和上ホールディングスは、蓄電池や太陽光発電の販売を行っており、精通したプロのスタッフが在籍しています。さまざまな質問に対して柔軟に応え、最適な提案を致しますので、興味のある方はホームページからぜひお問い合わせください。