Just another WordPress site

太陽光発電で実際に発生した災害によるトラブル事例3選

太陽光発電は、室外に設置されているため、対策をしていないと災害によってトラブルに巻き込まれるケースがあります。これから太陽光発電の設置を検討している人の中には、実際にこれまでどのような被害が発生したのか知りたい方も少なくないでしょう。そこで、今回は災害によって発生した太陽光発電のトラブル事例を3つご紹介しますので、興味のある方はチェックしてください。

災害によって発生する太陽光発電トラブル事例3選

災害によって発生する太陽光発電トラブル事例は3つ挙げられます。

秋に多い台風によるトラブル

1つ目は、台風によって発生するトラブルです。秋の季節、日本列島には数多くの台風が横断・縦断し強い風や雨によって被害を受けます。住宅が破損したり、電柱が倒れたりしている光景を目にしたことがある方も多いでしょう。

台風が到来したときも太陽光発電は屋根の上などの室外に設置されています。そのため、太陽光パネルが飛ばされてしまったり、浸水してしまったりすることがあるのです。浸水した場合、パネルに触れると感電してしまうため非常に危険になります。このようなトラブルは、施工時に業者と相談して台風対策を施してもらうことで回避することができるでしょう。

線状降水帯は危険!土砂崩れによって発生するトラブル

2つ目の災害によるトラブルは、土砂崩れです。春〜夏にかけて線状降水帯が九州地方を中心に発生し、局地的な雨を降らせます。雨がたくさん降った地域は、地面の水分量が増えるため土砂崩れが発生しやすくなるのです。

産業用の太陽光発電の中には、山肌にパネルを設置しているケースも珍しくありません。そのような設置方法の場合、土砂崩れが発生すると大きな被害を受けることがあります。

地震発生で起こるトラブル

3つ目は地震です。地震によって太陽光パネルが使えなくなったりするケースは少ないでしょう。しかし、ブラックアウトによって売電機会の損失を受けることがあります。そのため、売電を目的にした産業用の太陽光発電を設置する場合、適切な対策が必要です。

トラブルをできるだけ回避した提案なら和上ホールディングスにおまかせください!

今回は、太陽光発電で実際に発生した災害によるトラブル事例を解説しました。リスクを回避した設置を行いたいという方は、和上ホールディングスにおまかせください。和上ホールディングスは太陽光発電などを販売する専門業者です。トラブルリスクを回避する提案も可能なので、興味のある方はホームページからぜひお問い合わせください。